工場内作業 バイト 体験談

工場内作業のバイト体験談|ピッキングはハマると思いますよ

私は自動車部品会社でバイトをしていました。
扱っていたのはボルトやワッシャーなどです。

 

まずはピッキングについて。
この仕事は楽しかったですね。

 

伝票を確認しながら、倉庫内を回り指定のものを集めていきます。
決して仕事が楽だというわけではありません。
見つけ出す快感ですかね。

 

例えばネジ1箱とっても10kgぐらいはありますし、
高いところのものを取ろうとするとかなり腰に負担がかかります。
でも、やってみれば分かりますが、本当に楽しいです。

 

難点は身体が油でベトベトになること。
「会社帰りにちょっとコンビニ」というのは難しいです。

 

慣れてくると、ピッキング範囲が広がり、
色々な部品を担当するようになります。
この仕事、僕は全く飽きが来なかったですね。

 

ピッキングは倉庫から部品を出す作業ですが、
逆に入ってくるものをチェックする、という仕事もあります。
いわゆる検品です。

 

検品の際は、部品に異常がないか、一つ一つ目で確認していました。
異常を見つけると、それをはじいていきます。
この仕事、苦痛でしかなかったですね。

 

一ヶ所にじっと立って部品とにらめっこですから。
足は痛くなるし、目は充血してくるし、とにかく最悪。

 

だから、初日にこの仕事に当たった人の多くは、
翌日以降再び見かけることはありませんでした。

 

部品会社で働くならピッキングが一押しです。

 

 

お小遣い稼ぎなら日雇い派遣を試しては・・・

 

一日だけですが、以下は日雇い派遣体験談です。

 

その時の仕事は、ある商品のキャンペーンが終了したため、
応募シールをペットボトルからはがす、というものでした。

 

箱詰めされているペットボトルを一本ずつ抜き出し、
シールをはがして元通りに箱詰めすれば、作業完了。

 

集められた人数は全体で50人くらいでしょうか。
6〜8人ぐらいでチームを組み、手分けして作業を進めました。

 

倉庫から箱を持ってきてペットボトルを出す人。
キャップに貼ってあるシールをヘラではがす人。
キャップに残った接着剤を綺麗にする人。
ペットボトルを箱に戻し封入して倉庫に戻す人。

 

ちなみに私はシールはがし係でした。

 

メンバーに恵まれたせいか、作業が嫌になることはありませんでしたが、
立ちっぱなしで足は疲労し、シールはがしで指も痛くなりました。

 

日雇い派遣は、基本的に誰でもできる作業となるでしょうから、
得るものは少ないと思いますが、ちょっとしたお小遣い稼ぎには最適かと。